>>>戻る

 「南信州地方の産業は私たち全住民が1年間を生活するのに必要な所得の46・2%しか稼いでいない」―。昨年、飯伊地区産業立地促進協議会が発表した飯田・下伊那経済自立化研究の中間報告は衝撃的でした。この研究は南信州経済の自立度の低さを露呈しましたが、その一方で、地域産業の盛衰が私たちの市民生活に直結する問題であることをより明確にしました。

 この連載では、経済的自立に向けた地域の取り組みを追い、南信州経済の自立への針路を探っていきたいと思います。ご意見・ご提言がある方は下記のアドレスへお願いいたします。

webmaster@minamishinshu.co.jp


本連載で扱う「外貨」とは、海外から得る金銭ではなく
南信州以外の地域から獲得するカネとして位置づけています。


第4弾の連載アップしました・・・2/7
本紙で第5弾の連載開始・・・2/6

※協力・長野県下伊那地方事務所商工雇用課
(PDFにて自立化研究の資料掲載)

第1部
03年3-8月連載
産業の36%拡充必要
公的事業の縮減必至で
 研究報告の解説を中心に、飯伊経済の進路を探りました。地域経済の置かれている現状が明らかに。
>>第1部インデックスへ<<
第2部
04年3月連載
生まれてきた自立の芽
南信州アイデンティティに連携から
 地域が経済的に自立するためには何が必要か。産業界の声を元に最新事例を追いました。
>>第2部インデックスへ<<
第3部
04年9月連載
基幹産業「工業」の自立現場
特許、世界進出、時代対応・・・
 南信州の基幹産業「工業」に焦点を充て、現場とともに経済的自立への道を探りました。
>>第3部インデックスへ<<
第4部
05年7月連載
各産業の自立への道とは
地域一丸となって
 製造、観光、農、建設。産業界それぞえで高まる自立への意識。関係者のみなさんの声を聞きながら課題と必要な手段を分析しました。
>>第4部インデックスへ<<
図解
04年1月掲載
「自立への道」
未来へ歩め飯伊経済

(約4・2M)
 自立化研究の内容を図表にまとめたものです。閲覧するにはAcrobatReaderが必要です。
>>>ダウンロード<<<
図解
05年1月掲載
財政の自立と経済の自立

行政の自立(約120K)
>>PDFファイルダウンロード

飯田下伊那18市町村の財政事情などを各グラフでまとめました。

経済の自立(約920K)
>>PDFファイルダウンロード

工業、農業、観光業、商業の現状をまとめました。経済的自立度は43.9%。



ご注意
 自立の道(PDF形式)を参照するには、アドビシステムズ社Acrobat Reader が必要です。下記ボタンをクリックし、アドビ社のサイトよりダウンロードしてご利用ください。

Acrobat(R) Reader copyright (c) 1987-1996 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe および Acrobat はアドビシステムズ社の商標です。


製作・著作:南信州新聞社